オエストロジェル等のホルモン剤は一体どのような症状に使われている?

女性ホルモン剤を正しく使うことによって、当たり前のことだからと耐えてきたさまざまな体調不良から、開放される可能性が高くなります。女性ホルモン剤は、女性特有の疾患に広く使用されている治療薬です。女性ホルモン剤の種類やその効果といったものを覚えておきましょう。

■PMSなどの生理関係で使う
生理不順になったり、生理前に起こるさまざまな体調不良は、日常生活に支障をきたす場合も多く、辛いものです。こういった場合の治療薬として使われるホルモン剤としては、ピルが用いられることが多いです。エストロゲンやプロゲステロンが配合されており、これらの女性ホルモンを体内に増やすことによって、擬似妊娠をした状態にします。

こうなると体内のホルモン分泌がストップすることになり、生理不順やPMSといったものを緩和してくれるというメカニズムになります。

■更年期障害の治療
年齢を重ねると、女性も閉経が近づいてきます。これによって引き起こされるのが更年期障害ですね。放っておくと取り返しのつかない状態にもなりかねませんから、症状が見られた場合には、すぐに対処することが重要です。更年期障害の際に使うホルモン剤は、エストロゲンを単体で使ったり、プロゲステロンを単体で使ったり、混合されているものを使用します。

個人の症状や体質の違いによって、これらの内のどれかを選択出来るようになっているのが一般的です。女性ホルモンの減少という変化に、肉体がついていけない状態になり、心身両方に不調が出てしまうといったものですから、エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンを体内に増やすことが重要なのです。

オエストロジェル等のホルモン剤は一体どのような症状に使われているのか?

■子宮筋腫や子宮内膜症の進行ストップ
子宮筋腫や子宮内膜症といった病気は、女性ホルモンのお陰で増殖をしたり、肥大化してしまったりするという特徴があります。生理でこれら繰り返されることによって、悪化してしまうケースも多いですから、この場合には生理不順の時と同様に、女性ホルモンを増やすことで、脳を勘違いさせ、それ以上ホルモン分泌がされないようにするといった治療が用いられます。

基準=オエストロジェル http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/oestrogel.html

ヤーズやプラノバールは子宮内膜症に。リュープリンやスプレキュアといったホルモン剤は、子宮筋腫の治療に用いられることが多いようです。

■乳がんの治療薬としての使用
従来ピルを代表とするホルモン剤を使うと、乳がんになりやすいという噂がありました。しかしながら、これは根も葉もない噂話に過ぎません。逆に乳がんの治療でホルモン剤を使っているのですから。乳がんには、抗エストロゲン剤。他にもLH-RHアゴニスト製剤といったもの。

アロマターゼ阻害剤といったものが使用されるのが一般的です。

■もちろん不妊治療にも
不妊治療にも、当然のようにホルモン剤が使われます。ただ、前述までにある通りコレといったものではなく、不妊の原因というものも、さまざまな種類があるため、それに合わせたホルモン剤を使用するケースがほとんどです。例えば排卵機能に問題があり妊娠できないケースでは、排卵誘発剤を使うのが一般的。

着床がなかなかできないといった場合には、黄体ホルモン製剤といったものが使用されます。このように妊娠のメカニズムを理解し、どこの過程で妊娠ができなくなっているのか。その要因を突き止めた後、それにベストなホルモン剤を選択して使用するのが重要なのです。

場合によっては副作用なども出てきますし、投与すればすぐに妊娠が出来るといった簡単なものではないため、根気が必要になる治療です。

オエストロジェルのようなホルモン剤によって得る美容効果と副作用を理解しよう

美容にも大きな効果をもたらすホルモン剤ですが、使用方法を誤り、また体質によっては急激な体重の増加などの副作用もあると言われています。これはプロゲステロンの影響で、体が栄養や水分を欲するためのものとなり、ホルモン剤の摂取をやめることで解決をするものですが、一度蓄えてしまった脂肪はなかなか落としにくいものです。

少しずつ様子を見ながら摂取量を増やすなど、手遅れになる前に対策をすることが必要です。そもそもホルモン剤を何に使用するのかによって、摂取量や期間、種類は異なってきます。美肌などの美容目的で使用をはじめたものの、太りすぎてしまったなどといった本末転倒な結果にならないよう気を付ける必要があるでしょう。

どんな薬にも副作用はつきものです。体に効く、ということはそれ以外の作用も起きているはずだということを考えなくてはなりません。例えば「生理中に食べても太らない」「妊娠中は食べても太らない」といった説がある一方「生理中は食欲が増すので太る」「妊娠中は二人分食べて蓄えるので太る」といった説もあります。

オエストロジェルのようなホルモン剤によって得る美容効果と副作用を理解しよう

これは両方とも間違いではなく、ホルモンによってもたらされる変化が個々によって違うことを意味します。友人の勧めだから、といった理由ではなく自分自身の変化に敏感になり、少しでも異変を感じたら医師に相談し、使用を中止するなどの判断が必要です。

よく不妊治療などでホルモンの投与をしますが、ホルモンバランスのどの部分が崩れても妊娠をするのは難しいため、どこが足りないかを検査したうえで初めて有効な成分やタイミングを導き出します。全ての症状にこのことは言えるので、周りの意見に流されず、自分の体をまず知るということが必要であるといえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ